適当なキャッチフレーズが・・・ ぶろぐタイトルが・・・

この時間がなんとも言えず好きなんだ

本文:「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」

訳: することがなくて退屈なまま、一日じゅうすずりに向かって、心の中にうかんでは消えてゆくとりとめのないことを、はっきりとした目的もなく書き留めてみると、不思議なほどおかしな気持ちがすることである(And to feel marvelously funny)。

これは吉田兼好の「徒然草」の一文です

[様々な翻訳]があるんですね

シンプルな徒然は「with nothing to do 」かな?と思われます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。